虫様筋と骨間筋

最終更新: 2019年11月12日


今回のブログの内容のまとめ。

1:手足にある虫様筋や骨間筋がセンサーの役割を持っている?

2:手の軸は中指、足の軸は人差し指にあるようだ。

3:軸が決まると回旋運動の理解も深まる。

4:実践でこの情報を生かすには?

5:セルフケアについて


虫様筋と骨間筋

手の虫様筋と骨間筋。iPad Pro App, Complete Anatomyより。編集済み。

これらの筋群は、手足の両方に存在している内在筋と呼ばれる筋肉です。体に携わる人でも、手足のスペシャリストでもない限り聞いたことがない人も多いと思います。もしくは、名前は聞いたことあっても、あまりその重要性について考えたことがない人も多いのではないかと思います。今回、IMAC手足編の準備をしている際に、もう一度機能解剖学を見直し、各筋肉の機能を改めて表にまとめていくプロセスの中で、今まで気づいていなかった面白い発見があったので紹介したいと思いますね。

簡単に予習・復習しておくと、虫様筋と名のつく筋肉は手の平と足の裏にあり、背側骨間筋も手足で名前が一緒ですが、掌側の骨間筋は掌側骨間筋、足の裏側の骨間筋は底側骨間筋と呼ばれます。手の平、足の裏ともに同じ名前だったらわかりやすいのにね。

Wikipediaの各筋肉のリンクはこちら:虫様筋背側骨間筋掌側骨間筋底側骨間筋

1:虫様筋は筋紡錘の数が多い

筋紡錘というのは、筋肉の中にあるセンサーの名称で、筋肉の長さをフィードバックする役割があります。筋紡錘の数が多いというのは、それだけセンサーの数が多いということなので、より感度が高いということですね。頭と首の付け根にある後頭下筋群は筋紡錘の数が多いので、この部位にアプローチすることで神経系に大きな影響を与えたり、リラックスさせる効果があることを聞いたことがある人はいるかも知れないですね。

虫様筋も、手足で同じような機能を持っている可能性があります。虫様筋と筋紡錘の関係の論文はこちらを参照しました。クラスで手足の筋肉にアプローチした時の反応をみていると、前腕の回内・回外や肩の可動域に変化があっただけではなく、全身にも影響がでていました。股関節の可動域が手にアプローチした時に変化していたのは、神経的なトーン(体全体の緊張度合い)が変化したことによるものでしょう。手足の虫様筋と骨間筋が、頭部の後頭下筋のような役割を持っている可能性は高いですね。手足で高機能センサーが働いて、空間や物(手)、地面(足)の情報をフィードバックしているのでしょう。

2:骨間筋の機能と手足のラインの関係

ロルファーである私は体のラインの概念はとても大切だと考えていて、重力線と交わるセンターラインと共に、四肢にも基準線が存在していると考えています。ソースポイントにおけるスティックフィギュアというテクニックでも、構造が指標にしている部分(空間?エネルギー?流れ?)が大切なのが分かります。四肢と体幹のラインに関しては、通訳と翻訳の両方で関わらせてもらっていたエド・モーピン博士の本、「重力とのダイナミックな関係性」の中でも紹介されています。


エド・モーピン博士の腕のライン

画像はエド・モーピン博士の本より抜粋

また、Johannes W. RohenのFunctional Morphologyという本の中でも成長基準線の概念が出てきます。彼は長年解剖学を教えていた医師で、ドイツ人でシュタイナーの影響も強く受けているようです。両者とも、手の指標線は中指を通っていて、足の指標線は人差し指だと説明しています。また、過去の投稿でも少し触れているようにオステオパシーでもその軸の概念は出てきます。こういった情報から、四肢の軸の位置を実際に意識していましたが、今回筋肉の機能から改めてその理解が明確になりました。

さて、実際に画像と共に筋肉の機能を見ていきましょう。それぞれの画像で、黄色い線が軸を表しています。


掌側骨間筋

右手の平の画像です。ハイライトされている筋群が掌側骨間筋ですが、中指に向かって内転するように付着していますね。


背側骨間筋

これは背側骨間筋を手の甲から見ている画像です。背側骨間筋は中指から外転するようになっています。第2・3背側骨間筋は中指を左右に動かすように付着していますね。中心線から外れる動きが外転なので、これらの筋肉も外転筋として、中指が動きの中心であることが理解できます。


底側骨間筋

足部を下から見ている画像です。足の場合、底側骨間筋は人差し指に向かって内転するようになっていますね!