2015年


今年も今日で最後ですね。12月は毎年のようにアッという間に過ぎて行きました。最後に体調を崩していたこともあり、スッキリやり切って終わった感じはあまり無いのが正直なところです。今はエネルギーを使い果たした感じがあるので、年始は来年に向けて充電したいと思います。12月は色々と振り返ったり、思い返すことが多かったです。2000年、2005年が丁度僕の中では区切りの年なのもあり、今年は特にその年を思い出すことが多かった気がします。

2000年は、僕が高校を卒業して、アメリカに留学した年です。15年前にアスレティックトレーナーになりたい!と心を決めて留学した自分が15年後にこのようになっているとは、当時は想像もしていなかったので、人生どうなるか本当に分からないものですね。年末にその当時からの友人と飲む機会がありましたが、自分の中で変わっていない部分を再認識できるので安心します。また、昔から僕を知ってくれている人、腹割って色々なことを話してきている友人は、僕のことを良く分かってくれているので、それも一緒にいて心地良いです。そんな友人達とも今年は何回か会えて、会う度にこうして振り返るチャンスをもらえるので今の自分が明確になります。


2005年は、大学院を卒業し、NFLのヒューストン・テキサンズでインターンとして働き出した1年目でした。その時のシーズンは、2勝14敗(こちら)と、NFLで最低の勝利でした。大学院まで何の疑いもなくアスレティックトレーナーになり、より良いアスレティックトレーナーになる為に色々なことを学んだうえで臨んだNFLで、そのような経験した事は色々な事をを考え直すきっかけになりました。自分1人の力では変わらないことを学んだり、アスレティックトレーナーとしての自分のあり方だったり、本当に何をその後にやっていきたいのかを見直すことができ、そのおかげでロルフィングな