呼吸とあり方

最終更新: 2019年11月12日


今年も今日で最後です。私は昨日が仕事納めでした。

2017年も色々な方がTENに来てくださり、様々なドラマやストーリーを空間で共有させてもらいました。

笑いに溢れ、時々涙。

でも悲観的な涙というよりは、体に滞っていたものが解れて自然と流れてくる涙。

12月の頭に、ソースポイントのサプリメンタルクラスを開催しました。

ソースポイントのモジュール1と2、そして3では時間的にカバーできないけれど、知っているとソースポイントの理解がより深まる内容のクラスです。

初開催でしたが、様々なバックグラウンドの方が集まってくれて、とても充実した時間でした。

ソースポイントを行う人が日本で増えてきているのは本当に嬉しいです。

それぞれが色々なプロセスを歩んでいて、一緒の場でそれを共有できる時間はとても大切です。

クラスの内容は、いざクラスが終わると文字にするには時間がかかりました。

今でもクラスでもたらされた気づき、感覚、変化は確実に残っています。

その状態でセッションをしている中で感じることを今年最後のブログとして書き残しておきたいと思います。

「呼吸とありかた」について。

昨年もそうでしたが、どうも1年は呼吸のことを書いて終わるようです 笑。

ロルフィングは、第1セッションのテーマが呼吸ですが、実は10シリーズを通してずっと呼吸が自然とできる体というものを目指しています。

最終的にラインが真ん中に通り、その周りに水平面のバランスが取れていると、呼吸で全身が動くようになります。

1日2万回以上も行う呼吸を効率良くできる方が体が楽なのは想像がつきますよね。

ロルフ博士はロルフィングを受けていない人の体のことをランダムボディ(整っていない体)と呼んでいましたが、実際10シリーズの初めの方で体が整っていなく、呼吸もしっかりできていない人はとても多いです。

呼吸については色々な本で紹介されていて、インターネットでも調べたら出てくるものが沢山あります。

呼吸の仕方、体の使い方、そして体が楽に呼吸をできる状態なのは大前提ですが、本質的に呼吸が変化していくにはもう一歩先に突っ込んでいかないといけないと思っています。

それには、肉体だけのアプローチ、理解ではやはり限界があります。

呼吸は普段無意識に行っているので、とても自分の心理状態や信念と関係が深いです。

感情的なものを押さえ込んでいたら横隔膜あたりは常に緊張していないといけない。

すると、もちろん呼吸も制限されます。

皆が溢れる感情のままに生活していたら社会が成り立たないので、制限をかけることも必要です。

でもその状態がずっと続くと体がしんどいですね。どこかで解放してあげないと循環しないです。

文化的に真面目な気質の方が多い日本では、「頑張りすぎ」な方が多い気もします。

休まずに働くことが美学。

常に忙しくしている(心を亡くしている)。

寝ずに働いてなんぼ。

周りに迷惑をかけないために自分が我慢する。

子育てと仕事を両立させ、両方とも完璧にしようとする。

そんな頑張り屋さんが周りにいるのではないでしょうか?

体が緊張しているのがわかる状態ならまだしも、緊張している状態が長すぎてそれが当たり前だと、緊張していることすら分かりません。

その状態で「頑張り続けて」いると、体は悲鳴をあげますよね。

数年ぐらいだったら大丈夫なんです。