IMAC上肢編

最終更新: 2019年11月12日


週末にIMAC上肢へのアプローチのセミナーを開催していました!👍 どんどん内容とテクニックも洗練されてきていて、2年前とは比べものにならない進化を遂げている感じです⚡️患側ではなく、健側にアプローチした際の変化には、本当に驚かされます🤩 オリジナルの特殊な可動域評価。そこからわかる体の状態は、筋骨格系がいかに神経系を通して体全体の状態を表しているかを教えてくれます。ちょっと考え方を変化させるだけで全て繋がりだすので、面白いですよ〜🤭 ベースになっているのは解剖学、バイオメカニクス、キネシオロジー、神経学、臓性体性反射、リンパ反射点など、一般科学で知られている情報です。体の理解が深まるにしたがって、今までなぜかは分からないけれど、こういう関係性・繋がりがあると知られていたアプローチを説明できるようになってきて、体全体の関係性もより明確になりつつあります ☺️ 今回は、指の状態がいかに肩の内外旋に影響を与えているかを理解して頂けたと思います!上肢外旋に関わる筋群全てに制限がある人、小指をみてみたら近位指節間関節に制限が!!そりゃ他にも影響でるよね、、、😅 さて、今月末にも頭頚部と可動域のクラスがあります!両クラスともに、残り一枠です!皆で体の理解を深めましょう💪 今回の可動域クラスは月曜日の開催なので、普段日曜日で参加できない方は是非この機会にご参加下さい!http://www.thespaceten.com/imac クラス全体の良い写真があったので、共有しますね!🤗


#IMAC #Workshops #Blog

86回の閲覧