磁石と体

最終更新: 2019年12月29日

こんにちは。体を探求しているヒロです。ロルフィング®︎というボディーワーク、ソースポイントセラピーというエネルギーワークの施術を行いつつ、Integrative Movement Assessment & Conditioning統合的動作評価と調整、IMAC)という可動域を通して体を統合的に評価し改善するシステムを考案し、共有しています。元々のバックグラウンドは、米国のアスレチックトレーナーです。


本文が長くなったので、最初にまとめておきます。結局大事な情報としては、

  1. 磁石のN極S極で、体の可動域に変化が出るようだ。

  2. 最近、経絡のような体の繋がりを可動域で評価できそうなことを観察から学び、色々探求、整理しているが、それも磁石で確認できそうだ。

  3. 体幹前面と腎経はN極で可動域が向上、体幹背面と四肢はS極で可動域が向上するようだ。

  4. 右手は人差し指と薬指がN極中指と小指がS極のような変化を促し、親指はニュートラル。左手はその逆で、人差し指と薬指がS極中指と小指がN極のような変化をするようだ。



なんで磁石?


磁石で色々と試してみることになったきっかけは、6月に通訳をしていた時にTom Shaver, D.O.が、昔Robert Fulford, D.O.が磁石を使っていた話をしてくれたからでした。フルフォード先生は「いのちの輝き」の著者としても有名です。パーカッションハンマー、頭蓋、エネルギー領域の知見も含めて、伝説的なオステオパスの一人です。YouTubeに動画もあります。その際トム先生は、磁石のS極を頭蓋の縫合に用いることで、手技だけではなかなか変化しない状態が変化したことを教えてくれました。


へー、と思った自分は、早速クラスが終わってからS極N極が分かる磁石を購入。貼るようにもう少し小さい磁石も買いました。今回の実験は、この小さい磁石で行っています。また、磁石と言えばピップエレキバンだよね!ということで、薬局で購入。色々な強度を買って試してみました。類似品も色々ありますね。一番多いのは200mTなようです。そんなこんなで、自分で人体実験を始めてみました。


思い返してみれば、僕がアスレチックトレーニングを学んだオレゴン州立大学の当時のヘッドアスレチックトレーナーのサンディもピップエレキバンを愛用していて、その時にも、こんなの使うんだね、と思ったのを覚えています。昔のアスレチックトレーニングルームでは、E-STIMの直流設定の際に+ーのどちら側を腫れている方に貼ると良いなどの説明書を見たことも覚えているので、電気極性や磁場・磁力が体に影響を与えるというのは、物療的にも新しい考えではないですね。Texans時代に使っていたHIVAMATもそんな感じでした。


ちなみに、磁石でピップエレキバンの極性を確認してみると、貼る側は、N極になっていました。あれ、トム先生の話と逆ですね。。。



実験開始!!




頭蓋の縫合で変化が出るなら、四肢でも変化が出るだろうと、まずは実験で磁石のS極を指先や足先に貼ってあげると、面白いことに可動域が向上したんです!逆に、N極を貼ると可動域に制限が出たんです!なにぃ〜


これは面白い!と自分で各指先でどんな可動域が変化するのか試してみると、色々と複雑に絡み合っているようで、N極で可動域に制限がでても、その制限がでた周りの可動域や対側の可動域は向上したりします。S極だと貼っているところの可動域が向上して制限がなくなり、また、周りの可動域も向上するので、だったらはじめからS極の方が良いよね、という感じでした。この観察は、主動筋を短縮させるのか、それとも可動域制限があるところをストレッチするのか、どちらが良いのかという考えにも繋がってきます。


持続性があるのかというと、貼っている間は可動域が向上するのですが、剥がしてしまうと、元に戻るケースが多かったです。しかし、必要な部位に磁石を置いて刺激が入ることで、それ以降は磁石がなくても可動域制限が取れてしまったケースもありました。いかに的確に必要な場所に磁石で刺激を入れることができるかが大切ですね。代償的なところと、原因の違いなのでしょう。その後も色々自分で試していると、貼ってから少し時間を置いてあげると体の変化が落ち着き、効果が持続する時もありました。


また、自分以外の人にも試させてもらうと、磁石により可動域制限が出ている部分は、神経筋テストを特定の筋肉に対して行った際にも抑制されていて、逆に可動域が向上していると活性されていました。磁石で制限が出ている時はブレーキがかかる感じで、動かない!という感じになります。ぜひ自分でも試してみて下さい。一つ大切なのは、ここで言っている可動域は、IMACで用いている可動域です。IMACの可動域評価が普通の可動域評価とどう違うか、またその考え方はこちらをご参照ください。もちろん、一般的可動域検査でも変化が分かるとは思いますが、あまり顕著に感じられないかも知れません。手の親指の腹側や人差し指の爪側に磁石を貼ってみて、肩の屈曲や外転(バンザイ)の動きをやってもらうと、制限が感じられるかも知れないですね。


ピップエレキバンの強度の違いでは、そんなに差は出ない印象でした。試しに一緒に購入していたネオジウムの磁石も試しましたが、磁力は強いはずなのに、変化が一定ではない感じでした。磁力そのものより、鉱物の影響もあるんでしょうか。。。磁石を選ぶ時は、一番一般的なものを使ってもらうと良いと思います。


少し脱線しますが、もう少し今回の実験での可動域とそれに関する考察を書いておきます。近年、筋膜の繋がりと経絡に何やら関係がありそうで、尚且つそれが可動域を通して確認できそうなのが臨床的に分かってきているので、今回の磁石の実験でもその繋がりの可動域がどのように変化するのか試していきました。昨年末のブログでその経緯について説明しています。


ここで神経系や一般的な機能ではなく「経絡」だったり「筋膜の繋がり」と言っている理由としては、神経的には直接関係がないような所や、筋連鎖を考えても良く分からないところにも影響が出るからです。例えば、母趾の背足側・伸筋側(肝経)にN極の磁石をおくと、大胸筋の動きである上腕骨の内旋と水平内転に制限が出ます。これは、神経的に大胸筋と母趾の運動神経・感覚神経は直接関係していないので、神経系以外の影響の可能性の方が高そうだということで、「経絡」だったり「筋膜の繋がり」と呼んでいます。ただ、筋膜層で考えた時も大胸筋は表層に属していると考えられていますが、腹部では同じ層だと考えられる外腹斜筋ではなく、より深層の腹横筋と同時に制限が出るのです。このことから、筋膜層の繋がりというのも正確ではないかも知れないです。もちろん、磁石によって神経筋反射のテストに影響が出ていて、可動域制限も出ているので、筋骨格系、神経系にも影響は出ていますけどね。ただ、神経系の繋がりや筋骨格系、筋膜層の繋がりだけでは説明しきれないような、生体磁気に反応するようなメカニクスや繋がりがあるようです。


ちなみに、筋膜と経絡の関係性は突拍子もないアイデアではなく、まだまだ研究されていく必要があることは間違いないですが、Dr. Langevineなど筋膜と鍼を研究されている人も増えてきています。今まで科学的に証明されていない経絡をはじめとした微細なものが、目新しく近年注目されている筋膜で説明できるのではないかという安直な考えがないとも言えないですけどね、、、。少なくても、これから色々なことが発見されていく領域なのは間