Links


今朝は5時からお勉強。フロリダで行われるクラスをライブストリームで受講しています。便利な世の中ですよねぇ。

Fundamental Study Groupという、ボディートークの基礎をジョン先生が網羅していく内容で、毎月一回ぐらいのペースで行われています。今日は二回目です。今回は相互部位ということで、ストラクチュアル・インテグレーターでボディートークのインストラクターでもある、リン先生も参加。彼は8月に日本でクラスを行ってくれるので、それも楽しみにしています。

さて、今日のクラス中にジョン先生が言っていた事で、これはシェアしておきたいと思ったことがありました。ちょっとマニアックにはなりますが、何を考えて僕が施術をしているのか理解して頂けるかと思います。

後頭骨と仙骨のリンクの話から始まったので、まずは骨からみていきましょう。骨盤の真ん中に仙骨という骨があります。これは身体のキーストーンとも呼ばれる骨になっていて、下半身と上半身を繋げる役割があります。頭蓋仙骨療法などでも良く言われていますが、この仙骨と頭蓋骨の一番下の骨、後頭骨は動きがリンクしています。仙骨が捻れたりズレたりすると、後頭骨も同様に捻れたりしてしまうのです。緑にハイライトされている上が後頭骨で、下が仙骨です。


Occiput-Sacrum-120x300.png