ソースポイントと妊娠・出産体験記


澄飛(息子)はスクスクと成長していて、毎日抱っこするたびに重くなったのではないかと思う日々です。

寝不足は続いていますが、6月に入ってからセッションやセミナーも開始して、少しずつ新しいリズムが生まれてきています。ちょこちょこ友人、家族には会う機会もあり、皆に可愛がられています。早くTENにも連れてこれるようになりたいですね。

今日のブログは、来月の三連休(7月16~18日)に行われるソースポイントセラピーを紹介したいと思います。IMACは論理的に動きや体の仕組みを学んでいくコースです。左脳的に理解できるし、皆で共有することもできます。ソースポイントはエネルギーワークなので、左脳的に理解するのはかなり難しいですし、効果を科学的に証明していくことも難しいでしょう。しかし、実体験として変化であったり、色々なことが良くなっていくことを感じられます。世界観が広がったり、肉体以外の要素が体にはあるという理解を深めることができます。

これまで、あまりソースポイントのセッションによる効果・効用などをブログに書いたことがありませんでしたが、今日は妻の妊娠・出産のプロセス、そして息子の誕生と日々の中でどのように使えたかを紹介したいと思います。普段仕事として施術をしていない人でもソースポイントを学ぶことで日常で役に立つことが沢山あるんですよ。

妊娠プロセスでの女性の体の変化には本当に驚きます。

10ヶ月の間にすごい勢いで変化していく訳ですが、今回ソースポイントを知っていて良かったなぁ、と思った点として、

1)子供がお腹の中にいる時からその存在を感じることができた。

2)妻の妊娠プロセスのサポートができた。

3)出産後の体の変化を感じられ、エネルギーレベル・肉体レベルでのズレを戻すことができた。

4)澄飛の目の違和感が解消した。

1)子供がお腹の中にいる時から存在を感じる


妊娠中のプロセスの中で、圧倒的な存在感を感じたのは、妊娠3ヶ月ぐらいの時でした。安定期に入るまでの間に胚子はものすごい勢いで分裂・発達を繰り返し、成人の体に備わっている機能の殆どがミニチュアで出来上がります。その時のエネルギーは特筆するものがあり、今でも感覚として残っています。生まれた時からではなく、お腹にいる時から一人の存在として感じることができました。もちろん、もう少し大きくなってお腹の中で動き始めてからも毎日の変化を感じることができましたが、それはどちらかというともっと肉体的な動きでした。妊娠初期と後期の変化を感じられて面白かったです。そういう意味では、台湾・韓国・中国などでは生まれた時が1歳だと考えることも納得です。

余談ですが、検診のエコーの時、大脳鎌を見てテンションを上げてた変な父親です。

2)妊娠プロセスのサポート

これは、ソースポイントだけではなく、ボディーワーカーでよかったと思った点でもあります。この本(


エドの知り合いの先生です!)を購入し、妊婦の体の変化を学びつつ、ほぼ毎日のように実際に変化を手で感じていました。

ソースポイントを知っていて良かった点として、妊娠初期の時に子供のミッドラインと母親のミッドラインを整えておけたこと。ミッドラインは、ロルフィングのライン、武道の軸などと概念的には似ています。体の中心線ですね。ツワリなどの妊娠による症状の多くが、お腹に宿っている生命と母親が喧嘩している状態だからでるそうです。そのおかげもあってか、ツワリもなくとても安産でした。

3)出産後の体

出産は赤ん坊にもお母さんにも一大イベントですね。今回は、産後直ぐの体を感じさせてもらうことができました。肉体的には、骨盤が開いていて、左側の寛骨が上にあがっている状態になっていました。産道を赤ん坊の頭が押し広げていくので、出産後は骨盤が開くのはよく知られていますね。

ソースポイントのテクニックで、スティックフィギュアという体の骨格の指標になるエネルギー構造を扱うテクニックがあります。粘土細工の針金部分だと思ってもらうと分かりやすいかも知れないですね。このスティックフィギュアの骨盤の部分が見事に切れていました。骨折などでも切れることがありますが、これが切れていると肉体の戻りも遅くなってしまうと考えられます。実際、スティックフィギュアを繋いでいくことで痺れが取れたり、感覚が戻ったケースが何回もあります。このテクニックで肉体の指標になるエネルギー構造、場を整えることができます。

クレッセントムーンと呼ばれる体の左右のエネルギーバランスを整えるテクニックを使った時にも、左側のバランスが崩れている感じがあり、左側と右側で寛骨の動きが同調さていない感じがありました。クレッセントムーンは、月のように体のリズムを整える効果もあるので、体液のリズムだったり、サーカディアンリズムが整う効果があります。

赤ん坊にとっても肺呼吸が始まり、へその緒が切れるという人生の大きなトラウマを体験するのが出産プロセスだと言われています。お臍は東洋医学でも気の中心として知られていますね。へその緒を切った後に、ネーベルポイントと呼ばれるソースポイントのテクニックを使うと自分自身のエネルギーと繋がることができ、ショックが緩和されるということなので、生まれた後に澄飛にもやっておきました。これは大人でも手軽にでき、感じやいパワフルなワークです。

4)澄飛の目