胸郭

最終更新: 2019年11月12日


前回投稿の後、詳しく胸郭を復習していました。呼吸を屈曲・伸展で評価することで胸椎、肋骨の評価をする方法は本当に素晴らしく、骨盤・頭蓋と同時に胸郭も素早く的確にどういう状態かわかるようになりました。復習している中で別のことにも気づいたので、備忘録として書いておきます。わかる人に参考になれば幸いです。

基礎解剖

胸郭といっても、一つの塊ではなく、胸椎・肋骨・胸骨で構成されていて、胸椎は12個。肋骨も左右にそれぞれ12本あります。肋骨の2〜10番は椎体部で胸椎二つと関係していて(肋骨5番は胸椎5番と胸椎4番)、肋椎関節と肋横突関節の二つが後面、そして前面では胸骨と肋骨肋軟骨連結で繋がっています。画像はプロメテウス解剖学アトラス解剖学総論・運動器系より。




この図をみてもらっても分かるように肋骨と胸椎の関係が深いで、肋骨に機能不全がある場合は胸椎にも機能不全がある場合が多いです。この関係性から肋骨を通してMMETでは胸椎を評価するようになったとKai先生は言っていました。

胸椎右回旋に伴う肋骨の動き


胸椎が右回旋すると、右肋骨は外旋して、左肋骨は内旋します。つまり、右肋骨は吸気位、左肋骨は呼気位になるわけですね。

また、胸椎関節面に機能不全があり右回旋してしまっている場合(ニュートラルに戻れない場合)、つまり病変がある場合は右が伸展位左が屈曲位かのどちらかになります。


iPad Proで書き書き。右回旋の時の状態をまとめると↑のようになります。

ERSRはExtended, Rotated, Sidebended, Right(伸展・回旋・側屈・右)。

伸展位にあるため、胸椎右側が屈曲できず、肋骨が呼気にいけないので息が吐きづらい。

FRSRはFlexed, Rotated, Sidebended, Right(屈曲・回旋・側屈・右)。

屈曲位にあるため、胸椎左側が伸展できず、肋骨が吸気にいけないので息が吸いづらい。

左右どちらに制限があるか評価する為に、胸椎の屈曲・伸展で呼吸機能(すなわち肋骨の動き)をみることで胸椎の状態をチェックできます。深呼吸をしてもらった時の胸郭の動きからどこら辺に制限がありそうか推測することもできます。

胸椎屈曲位で呼吸して肋骨が動かない場合は胸椎が伸展位、つまり屈曲できない

胸椎伸展位で呼吸して肋骨が動かない場合は胸椎が屈曲位、つまり伸展できない

また、

胸椎が伸展位の場合は肋骨が吸気位になるので、呼気制限

胸椎が屈曲位の場合は肋骨が呼気位になるので、吸気制限

になります。

両方とも肋骨の動かない側の胸椎関節面に屈曲または伸展制限があります。

しかし、伸展位と屈曲位の際で胸椎の回旋方向が変わってくるので、ちょっとややこしいですが肋骨の動きと回旋の方向は次のような関係性になります。

胸椎屈曲で制限がある場合、回旋方向と肋骨が動かない側は同側

例:胸椎屈曲で肋骨制限=胸椎伸展位=胸椎回旋

胸椎伸展で制限がある場合、回旋方向と肋骨が動かない側は対側

例:胸椎伸展で肋骨制限=胸椎屈曲位=胸椎回旋

この情報は、回旋を中立位にもっていく際にどちら側に回旋・側屈させるか考える際に必要になります。軟部組織にワークする際でも、一度胸椎・肋骨を中立位にもっていく方がそのエリアが緩むので、必要ないことをしなくて済む印象があります。

ちなみに、

呼気制限の場合、一番下の肋骨が鍵です。

吸気制限の場