三ヶ月の振り返り


4月になりましたね。今年はタイミングよく4月になると共に桜🌸もチラホラ咲き始め、今年はいつも以上に3月と4月で年度が変わるということを実感しています。自分の周りでも変化が多く、3月までで一区切りつき、4月から新しいステージへ進んでいく人達が多いです🎓。

自分自身はというと、昨年12月のブログ記事を最後にサイバーワールドには、ほぼ引きこもり状態でした😅。元気に楽しく毎日セッション、セミナー、子育てと過ごしていたのですが、色々な変化とインスピレーションがあり、そのプロセスを大切にしていました🌊。そのプロセスは今も続いていていますが、良いタイミングなのでブログに残しておきたいと思います。


はじまりは、1月に通訳として関わらせてもらったオステオパシーのセミナーでした。昨年末から頭の中でグルグル回っていた螺旋の概念がカドゥケウスのイメージと繋がり、それを明確にカラダの中で感じてしまいました😰。クンダリーニを中心に、イダとピンガラが3Dで螺旋を描きながら上昇していく感覚です。おまけに、最後に羽が開く感覚まできっちりとあり、それは不死鳥が復活するように壮大でした。

困ったもんです。こういう話も大好きなんですが、基本的に(?)左脳人間な自分は、どうしたもんかいな、、、といった感じでした。しかし、体験してしまったからには、このプロセスのことを学んでいくしかないな、という気持ちでした。

通訳から戻り、ポラリティセラピーの本にカドゥケウスのことが載っていたことを思い出し、ドクター・ストーンの本を読み直していました。ドクター・ストーンは、オステオパシー界にエネルギーの概念をもたらした博士としてよく紹介されます。ポラリティセラピーはソースポイントの理解を深めるために日本に帰国したての頃に色々と読んだり、日本でポラリティセラピーを行なっている方々との交流もあったので、その当時から本は持っていたのですが、今回改めて読み直してみると痒いところに手が届く情報が一杯でした。ボディートークを学んだこともあり、星座やサインの関係なども理解が深まっていました。